パテックフィリップの時計買取

パテック・フィリップ展〜歴史の中のタイムピース〜【跡地】

MENU

創業175周年特別企画
パテック フィリップ展~歴史の中のタイムピース~

 

参考:http://openers.jp/article/21860

時計パテックフィリップの歴史と魅力

1839年に設立されたスイスの高級時計メーカーでジュネーブ屈指の老舗と言われるパテックフィリップがあります。パテックフィリップとはどのような会社で、どのような歴史があって、どのような魅力があるのかを知っておくとひとつの知識として役立ちます。

 

パテックフィリップとは
パテックフィリップは、アントニ・パテックとフランチシェック・チャペックという二人のポーランド人によって1839年に創業された会社です。ヴァシュロン・コンスタンタンやオーデマ・ピゲと共に世界三大高級時計メーカーと言われていますが、日ではパテックフィリップが頭一つ抜け出た存在になっていると言われています。パテックフィリップが成功したブランド戦略のひとつは永久修理で、これによりパテックフィリップの時計は一生ものというイメージが構築されたのです。もうひとつはオークションで自社の古い時計を高値で買い戻すことで、パテックフィリップの中古市場価値を安定させたのです。

 

パテックフィリップの歴史
亡命先のジュネーブでポーランド生まれのアントニ・パテックが高級懐中時計の製作を始めたのが幕開けで、1839年に有能な時計師フランソワ・チャペックと二人で会社を設立します。その当時の社名はパテックチャペック社で、始まりはたったの6人でした。その後、発明の天才と言われるジャンアドリアン・フィリップと巡り合って、社名をパテックフィリップと改めます。そして、輝かしく偉大な伝統と遺産を残すと共に、世界の時計作りの大きな進歩を遂げ、パテックフィリップという名を歴史に残すことになるのです。日本との歴史を振り返ると取引開始は1867年とパテックフィリップの販売台帳から分かっています。これは同じ年に開かれたパリ万国博覧会に、第十五代将軍徳川慶喜の実弟にあたる徳川昭武が出席のためジュネーブを訪れた際に3個時計を購入しているのです。

 

パテックフィリップの魅力
パテックフィリップの時計は一生ものといったブランドイメージを根付かせ永久修理というのが魅力のひとつであることは確かです。ただ、きれいな点と実用性が高い点もパテックフィリップの大きな魅力で、しかももう一段配慮が深いために他社の時計とは明らかに違うのです。ケースは鍛造で作られていますし、文字盤の製法は他社よりも時間を掛けて丁寧に製造しているので違ったニュアンスが出せます。また、基本設計は実際に使用できる設計で無理がなく操作性に優れています。つまり、このきれいと実用的という点のバランスが取れていることが、パテックフィリップの魅力なのです。

|
私は、男性なので、女性のように、体中をブランド品で固めるということをする趣味はありません。むしろ、ファッションなどについて、あまりモノの高い安いということは気にしないというところがあると思っています。しかしそれでも、ファッションアイテムについては一つ、こだわりもあります。それは、時計については、少し高いものでも、身につけたいというこだわりです。別に、時計を10個20個、たくさん購入するわけではありません。しかし時計でいいものということにこだわると、百万円以上のものをかんたんに購入するつもりはありませんが、それでも数十万円の費用は覚悟をしないといけません。とてもではありますが、普通に仕事をしてい...